2017年08月04日

「フッ素について」


こんにちは(^^)アシスタントの盛田です。



今日は「フッ素について」お話したいと思います。



フッ素は虫歯予防によいものとして、育児雑誌などでよく目にしますが、では実際にどの様に取り入れたら良いのか迷われている方も多いと思います。基本的に、日本でフッ素を含む口の中で使える製品で一般に広く普及しているものとしてはハミガキコです。まずこれについてお話ししましょう。



質問:フッ素入りのハミガキコはいつ頃から使えるの?

解答:うがいができるようになってからです。ハミガキコを誤って飲み込んだりしないようにする為で、およそ3歳位からといわれています。



質問:どの位の量を使えばいいの?

解答:一般歯科医院で歯磨きを習うとハミガキコを付けないか、付けても小指の先ぐらいの量を付けて下さいと言われますが、フッ素入りのハミガキコの場合はそれよりも多めです。大人は0.5g・子供は0.3gで、具体的に言えば大人は歯ブラシに1cmくらい、子供は子供用歯ブラシに8mm程度です。



質問:大人が使っても意味があるの?

解答:勿論大人が使っても効果があります。

大人で歯茎が下がってくると、歯の根元が出てきます。根元の表面は硬いエナメル質で覆われていない為に虫歯のリスクが非常に高くなっています。

フッ素によって歯や根の表面を強くすることは大人にも同じ

効果があります。



質問:歯磨き後はうがいをした方がよいの?

解答:過度にうがいをすると、せっかくのフッ素が流れてしまいます。15CCの水で3〜4秒のうがいで、2〜3回にとどめた方がよいでしょう。ですからコップは少し小さめのもので十分です。





次に歯科医院や保健所で塗るフッ素は家庭で使うハミガキコと違い、ホームケアではなくプロフェッショナルケアで、一番効果的なのは歯が生えてまもなくです。これは生えてばかりの歯は表面が柔らかいので虫歯にかかりやすい反面、歯のエナメル質にフッ素が一番とりこまれやすいのです。


乳歯の生える時期(生後6か月から2歳半くらいまで)6歳から11歳くらいまでの乳歯から永久歯への生え替わりの時期、その後6歳臼歯の後ろの歯が生える13歳位までがフッ素の取り込みが効果的な時期です。



フッ素を上手に使って上手にコントロールしていきましょう(*^-^*)


posted by 赤羽診療所 at 00:00| 治療について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

夏休み



こんにちは。 

受付の澤井です😃

夏本番に入り暑い日々が続いてますね



みなさんは夏休みどこかに行かれますか?!

私は夏休みにシンガポールに行ってきます

1番の楽しみはユニバーサルスタジオ シンガポールです

日本と比べて狭いですが、待ち時間も短いみたいなので思いっきり楽しんできます!!

皆さんも熱中症などに気を付けて楽しい夏をお過ごし下さい



posted by 赤羽診療所 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

「夏休みは口の中が危険」

そろそろ梅雨が明けて暑い夏がやってきますね?副院長の駒林です。
夏になると怖いのが熱中症
ニュースなどで何人病院に搬送されたや、亡くなってしまう人もいます。
熱中症予防には小まめな水分補給が大切です。夏はただの水よりも、
塩分や糖分や栄養分が含まれてるスポーツドリンクの方が良いと言うことを
耳にしたりします。スポーツドリンクも飲みすぎると体に悪影響を?そんなスポーツ
ドリンクの危険性についてまとめてみました。
夏の水分補給にスポーツドリンクが選ばれるのは
汗を多くかく季節の水分補給は、水よりもスポーツドリンクの方がいいとされて
います。ナゼでしょう?
汗をかくと体内の水分と一緒に塩分も失われます。水分と塩分の両方が過度に
失われると、いわゆる脱水症状になってしまいます。ですから、汗をかく季節の
水分補給は、通常の水分補給とは異なり、意識して塩分の補給もしなくてはいけません。
脱水症状が進むと熱中症になります。体温調整ができなくなって高熱状態になります。
場合によっては、命に関わる状態に陥ってしまうことも?また、汗と一緒にカルシウムや
マグネシウムなども排出されます。体温調整のために汗をかくことは大切な事、
でも同時に体の中の大事な成分も出ているのです。
こうした事に注目して開発されたのがスポーツドリンクです。スポーツドリンクには
ナトリウム(塩分)やカリウム、マグネシウムが含まれています。さらに体液の組成
成分に近いイオン(電解質)の状態になっているので、飲むと素早く体に吸収される
のが大きな特徴です。
水分に加えて塩分やミネラルも素早く体に補給できる点で、スポーツドリンクは
熱中症対策としても有効な飲み物であるといえます。
本当は怖いスポーツドリンクの甘い罠
一方、スポーツドリンクには体に良くない面もあります。
スポーツドリンクの成分表示をきちんと見たことありますか?
代表的な『P.S』の成分は次のようになってます。(100mあたりの栄養成分)
エネルギー:25Kcal
タンパク質・脂質:0g
炭水化物:6.2g
ナトリウム:49mg
カリウム:20mg
カルシウム:2mg
マグネシウム:0.6mg
一方、糖分を見ると砂糖や果糖ぶどう糖液糖、甘味料などが記載されています。
糖分は500ml中で33.5g。角砂糖11個位に相当します。
また、スポーツドリンクは熱を出して体力消耗したときに飲むとよいと言われますが、
それはカロリーや栄養を簡単に補給できる点です。健康的な体の人が水代わりに飲んで
いれば、カロリーオーバーになります。スポーツドリンクは『清涼飲料水』!!!
糖分とカロリーが多いと言うことを忘れてはいけません。
スポーツドリンクで歯が溶ける
糖分はあくまでも虫歯原因菌の栄養源。甘い物を食べたからと言って必ず虫歯になる
とは限りません。虫歯になるかは、口の中の酸性度によります。食べカスなどの汚れが
細菌とからみ合って酸を発生し、歯の表面を溶かすことが虫歯が発生するからです。
その点からスポーツドリンクを考えてみます。スポーツドリンクはお茶やその他の飲料と
比べて酸性度が高く。酸性度の高いものを摂取し過ぎると、酸で歯が溶ける酸蝕歯
になる可能性が高くなります。ちなみにスポーツドリンクは3.5pH、炭酸飲料が約2.8pH
緑茶.麦茶が約6.7pHです。5.5pH以下になると、歯が溶けるといわれています。
まとめ
スポーツドリンクは汗をかいたときには体力を回復させるには効果があります。
しかし、糖分が多いのでしっかり歯磨きすることを忘れずに!
夏はビールや炭酸飲料も多くなる季節です。いずれも飲みすぎは酸蝕歯や肥満などの
原因になるので注意が必要です。上手く活用していきたいです。


posted by 赤羽診療所 at 09:00| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする