2017年08月04日

「フッ素について」


こんにちは(^^)アシスタントの盛田です。



今日は「フッ素について」お話したいと思います。



フッ素は虫歯予防によいものとして、育児雑誌などでよく目にしますが、では実際にどの様に取り入れたら良いのか迷われている方も多いと思います。基本的に、日本でフッ素を含む口の中で使える製品で一般に広く普及しているものとしてはハミガキコです。まずこれについてお話ししましょう。



質問:フッ素入りのハミガキコはいつ頃から使えるの?

解答:うがいができるようになってからです。ハミガキコを誤って飲み込んだりしないようにする為で、およそ3歳位からといわれています。



質問:どの位の量を使えばいいの?

解答:一般歯科医院で歯磨きを習うとハミガキコを付けないか、付けても小指の先ぐらいの量を付けて下さいと言われますが、フッ素入りのハミガキコの場合はそれよりも多めです。大人は0.5g・子供は0.3gで、具体的に言えば大人は歯ブラシに1cmくらい、子供は子供用歯ブラシに8mm程度です。



質問:大人が使っても意味があるの?

解答:勿論大人が使っても効果があります。

大人で歯茎が下がってくると、歯の根元が出てきます。根元の表面は硬いエナメル質で覆われていない為に虫歯のリスクが非常に高くなっています。

フッ素によって歯や根の表面を強くすることは大人にも同じ

効果があります。



質問:歯磨き後はうがいをした方がよいの?

解答:過度にうがいをすると、せっかくのフッ素が流れてしまいます。15CCの水で3〜4秒のうがいで、2〜3回にとどめた方がよいでしょう。ですからコップは少し小さめのもので十分です。





次に歯科医院や保健所で塗るフッ素は家庭で使うハミガキコと違い、ホームケアではなくプロフェッショナルケアで、一番効果的なのは歯が生えてまもなくです。これは生えてばかりの歯は表面が柔らかいので虫歯にかかりやすい反面、歯のエナメル質にフッ素が一番とりこまれやすいのです。


乳歯の生える時期(生後6か月から2歳半くらいまで)6歳から11歳くらいまでの乳歯から永久歯への生え替わりの時期、その後6歳臼歯の後ろの歯が生える13歳位までがフッ素の取り込みが効果的な時期です。



フッ素を上手に使って上手にコントロールしていきましょう(*^-^*)


posted by 赤羽診療所 at 00:00| 治療について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

歯周病と自宅で出来る口腔ケア

こんにちは!!4月より入社しました、長良川で行われる花火大会で有名な岐阜県出身の歯科衛生士の岩田です!!岐阜の事で聞きたい事などあれば、是非話しかけてくださいね(*^_^*)


ここからは、盛田・泊出・岩田でお送りします!!



今日は歯周疾患(歯周病)を軽減する為に自宅で出来る事についてお話ししたいと思います。



歯周病について知っていますか?

歯周病の症状についていくつか項目を上げて行きます。

いくつ当てはまるか数えてみて下さい。


 

 

歯周疾患の自覚症状.jpg




該当する項目はありましたか!?もし、この項目の中で1つでも該当している方は、歯科医院へ来院する事をオススメしますが、なかなか予定が合わず、来院出来ない方もいると思います。そこで今日は自宅でもできるセルフケア(口腔ケア)について紹介したいと思います。





【歯ブラシ】

持ち方はえんぴつ持ちで力加減は毛先が少し広がる位で磨いて下さい。ゴシゴシ力を入れなくても汚れは取れます。  


※歯ブラシの頭部分は小さい方が奥まで入りやすいのでオススメです。毛先が広がってくると汚れの除去率が低下してしまうので、1ヶ月に1回の交換をしてください。




【歯磨き粉】

虫歯の発生と進行を防ぐ効果のあるフッ素入りをオススメします!!

しかし、まずは歯ブラシで汚れを徹底的に落とす必要があります。なぜなら、せっかくフッ素配合でも歯に汚れや食べかすがついているとフッ素の効果が歯の表面まで届かないので、いくらフッ素濃度が高くても効果はなくなってしまいます。


歯磨き粉選びですが、一般の歯磨き粉もフッ素濃度(ppm)が高いものもありますが、発泡剤が多く含まれていますので、磨けていないのに磨けた気になってしまうという問題点があります。そこでオススメなのが、≪チェックアップ≫という歯磨き粉です!!フッ素濃度が950ppm配合されていて、泡立ちが少なく低刺激のやさしい味で長く磨け、少量のお水ですすげます。当院にも置いておりますので、御希望であればお声掛けください(●^o^●)




【デンタルフロス】

フロスは歯と歯の間の汚れを落とします。歯ブラシで磨く方より、歯ブラシとデンタルフロスを使われている方はプラーク(歯垢)除去率が28%も高いといわれています。


フロスには2つの種類があります


1つ目はロールタイプ

両手の中指に巻きつけて使います。最初は慣れない為操作が難しいと思いますので、御希望であれば歯科衛生士にお声掛けください(*^_^*)

★当院にてWAXが付いているタイプとWAXが付いていないタイプの2種類を置いております。


2つ目はホルダータイプ

ホルダーにフロス同様のものがついている為、初心者でも操作しやすいです。しかし、詰めものをしている歯に使うと取れてしまう可能性があるので、その場所へはロールタイプのフロスをオススメします。

★当院にて先の部分が付け替えできるタイプを置いております。




他にも歯間ブラシやワンタフトブラシマウスウォッシュなど、様々な補助用具はありますが、詳しく使用法などを知りたい!!やってみたい!!と思いましたら来院した際にお声掛けください(^−^)自分だけでは汚れを落とす限界がありますので、プロフェッショナルケア(歯科医院で受けるケア)も是非受けて頂ければと思います!!



自宅でのセルフケアと歯医者でのプロフェッショナルケアで健口(けんこう)を目指しましょう!!




ご予約お待ちしております(●^o^●)♪

 
posted by 赤羽診療所 at 09:17| 治療について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

インフルエンザとメンテナンス

こんにちは、院長の中村です。

寒い日が続いてインフルエンザも流行り始めているようです.
インフルエンザは風邪とは別もののウイルスによる感染症です。

最近、虫歯の原因菌が脳出血発症に関与する可能性があることや
歯周病菌と全身疾患の関係を報じるニュースも目にしますが、
歯周病菌がインフルエンザ感染を助長する可能性もあるという研究結果もあります。


口の中の細菌には、抗ウイルス薬(タミフル等)を効きにくくしたり、
ウイルスの増殖を助けたりするものもあり、
口のケアも手洗い、うがいだけでなく重要です。


口の中を清潔に保ち、色々な病気の発生を防ぐには、
歯磨きを頑張るのはもちろん、定期的にメンテナンスや検診を受けましょう。

posted by 赤羽診療所 at 00:00| 治療について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする