2020年03月20日

メンテナンス

こんにちは、歯科医師の塚本です。
先日、車のブレーキが効かなくなり、とても恐い思いをしました。
数日前から、ブレーキペダルを踏むと、ガリガリと音が鳴ることがあったのですが、古い車だし‥と放置していました。
原因はブレーキパッドがなくっていて、金属でタイヤのブレーキを効かせていたためでした。
ガリガリ鳴っていたのは、金属が擦れる音で、タイヤ側の金属がかなり減っていました。
その後ディーラーに行って、修理をしたのですが、「定期的に点検とメンテナンスを受けないといけないですよ」と言われてしまいました。
早めに点検をして、ブレーキパッドを代えれば恐い思いもしなくてすみましたし、修理の費用も少なくすみました。

これは歯科においても言えることです。
早めに治療をすることで、痛くなる可能性も低くなりますし、費用も小さく抑えられます。
どんなものでも、使っていたら不具合が出てきます。早めに手を打つことで、安心ですし、費用も抑えることができると思います。
お口の中に問題がなくても、半年から一年に一回は検診に来ていただけたらと思います。
posted by 赤羽診療所 at 14:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする