2020年03月06日

いろいろな癖

こんにちは!!アシスタントの盛田です

今日はいろんな癖についてお話したいと思います!!

人間にはいろいろな癖があるものです。
口の中の歯に関する習癖(くせ)もたくさんあり、場合によっては、歯の病気の原因となってしまうこともあります。


★くいしばる
★歯ぎしりをする

ある程度のくいしばり、歯ぎしりは誰にでもあります。
歯の状態が健康であればほとんど問題ありませんが、何本か歯を失ってブリッジ・入れ歯・インプラントなどがある場合には注意が必要です。そのような人工物を破損する恐れがあるからです。


★頬杖をつく
★睡眠時、頭の向く方向が常に決まっている
★いつも唇をかむ

歯の一部に弱い力が持続的に作用していると、ゆっくりですが歯は動いてきます。その結果、部分的にかみ合わせが少し窮屈になることで、歯の負担が他よりも大きくなり、水などでしみたり、根の露出・歯肉の退縮(歯ぐきがやせる)の原因となります。


★爪をかむ
★指しゃぶり
★物をくわえる(えんぴつ・タオルなど)
★舌を突き出す

これらは、特に歯並びに影響します。特に開口といわれる上下の歯をかんでも前歯があたらない状態の大きな原因となります。


★かみぐせ(いつもどちらかで噛んでいる)

左右、バランスよく食べることはとても大切なことです。両方の歯や筋肉等を動かすことにより、血行を促進し、唾液の量もたくさん出て良好な口の状態を保つことができます。



他にもたくさんありますが、主なものをあげてみました。
以上のどれかに思い当たることがありましたら、担当の先生に相談してみてください。
posted by 赤羽診療所 at 11:12| 治療について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする