2018年07月13日

暑いですね…


こんにちは、歯科衛生士の池田です
私は、ディズニーが大好きで良く遊びに行きますが、これからの時期に特に注意をするのは熱中症です‼
なので、ここでは熱中症についてお話をさせてもらいます。


<日射病*熱射病*熱中症の違い>

@日射病とは、強い直射日光に長時間当たる事で発生する病気。
大量に汗をかき脱水症状になり、倦怠・悪心・頭痛・めまい・意識障害・体温調節中枢の機能が低下する事で症状が出ます。

A熱射病とは、室内、室外を問わず高温多湿な環境下に長時間いたりする時に起こる病気。
体温調節機能が破綻する事で、倦怠・頭痛・めまい・意識障害を伴う。
汗が出ずに40℃以上の高体温になり生命に係わる事もあります。

B熱中症とは、高温や多湿の環境下で起こる、身体の障害の総称の事。


熱中症の中には…

熱失神…発汗による脱水と血管の拡張で血圧が下がり、めまいや失神などを起こす。
熱痙攣…大量の発汗により塩分やミネラルが不足し、筋肉の痙攣を起こす。
熱疲労…多量の発汗に水分や塩分の補給が追い付かず、脱水症状となった時に起こる。
熱射病…体温調節機能が失われる事によって起こる。 

重症度分類では…

軽症…熱失神・熱痙攣
中等症…熱疲労
重症…熱射病      
        になります。

<予防>

日射病には…帽子を被ったり、首にタオルを巻くなどして、直接日光に当たらない様にする事。
熱中症には…こまめに水分補給をする事。
      ただし、水分だけでは塩分・ミネラルが不足してしまうのでスポーツドリンクや塩分を含んだ飴を舐めたりする事が必要になります。

ブログ池田.jpeg
   これからもっと気温が高くなり、厳しい日が続きます
            体調に気を付けて過ごして下さい
posted by 赤羽診療所 at 10:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする