2018年06月08日

梅雨と熱中症

こんにちは。
歯科衛生士の杉本です。
6月に入り関東でも梅雨入りが観測されましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
実は梅雨の晴れ間や、梅雨明けの蒸し暑くなった時期は、熱中症に注意が必要です。
こまめな水分・塩分補給や、室内を涼しくする、外出の際は気温と湿度を気にかけて衣服も温度調整が出来るものを選ぶなど、
日々の生活の中でも暑さに対する工夫をして、熱中症に負けてしまわないように今月も元気に過ごしましょう。

posted by 赤羽診療所 at 13:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする