2016年08月26日

お知らせ


9月の先生ごとの休診日をお知らせ致します


9月の休診日.jpg




★毎週木曜日駒林は訪問診療の為、通常診療は行っておりません


★担当医が休みの場合も痛みのある方はご連絡ください

posted by 赤羽診療所 at 14:31| 先生の休診日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

夏季休暇


こんにちは。衛生士の北村です。
先日、夏季休暇を利用して同期2人と一緒にインドネシアのバリ島に行きました。


image1.PNG


海や夕日など景色がとても綺麗で感動の連続でした。
野生のリスとも触れ合うことができました。


image2.PNG


2泊4日の予定が帰りの飛行機が急遽3泊5日になるという
アクシデントもありましたが、とても楽しかったです。

帰りに現地の歯磨剤を買ってみました。
後日使用してみようと思います。


image3.JPG


成田空港から直行便も出ていて割と安価で行けるので
皆さんも是非行ってみてください。





posted by 赤羽診療所 at 14:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

日焼け止めについて

こんにちは! 受付の千葉です!

8月も中旬に入り、日が高くなって、痛いと感じるほど日差しが強い時もありますね。

外に出るときは日焼け止め、もしくは日傘などが欠かせない!という方もいらっしゃると思います。



皆さんは日焼け止めの正しい塗り方をご存じでしょうか?

ただ伸ばして塗るだけでは、あまり効果が発揮されないのです!


正しい塗り方は、身体に塗るときは、直接身体に日焼け止めを出してから、叩き込むように塗ります。

顔に塗るときは、手に一度日焼け止めを出してから顔に伸ばし、それから叩き込むように塗ります。


また、日焼け止めには、SPFPAという2つの数値が表記されています。

SPFは、肌に炎症を起こすUVBという紫外線を浴びた際に、肌に赤い斑点が出るまでの時間を何倍に延ばせるかを表します。例えば、SPF30の日焼け止めは、斑点が出るまでの時間を30倍に延ばせるということになります。

PAは、黒化の原因となるUVAという紫外線を防御する指数です。このPA指数は“+”の数で強さが表されます。


2つの数値が高ければ高いほどいい!と思っている方もいらっしゃると思いますが、実はそうではないのです。

日常生活で浴びる紫外線は、SPF2030PA++の日焼け止めで十分防げます。

海やプール、外でのスポーツなど、長時間紫外線を浴びる場合は、数値が高めのものを選ぶと良いでしょう。


SPFPAが高ければ高いほど、肌にかかる負担も大きくなってしまいます。

その時に合わせた日焼け止めを選び、23時間ごとにこまめに塗りなおしましょう。



さて、ここまで日焼け止めについてお話してきましたが、歯も日々のケア、そしてメンテナンスが大切です!

夏は冷たいジュースを飲んだり、アイスを食べたりすることが増えます。

着色がついてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この機会に、一度赤羽歯科へ検診にお越しください!

posted by 赤羽診療所 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする