2017年06月22日

歯磨き教室について

こんにちは。受付の本間です。今年の4月に入社しました。
これから精一杯頑張りますのでよろしくお願い致します。
今回は先日行われた歯磨き教室について書きたいと思います。
歯磨き教室は今年で13回目で、毎年行う予定です。
歯磨き教室とは聴覚障害者の方に歯磨きの仕方や歯周病について
教える講座です。
丁寧な歯磨きの仕方や歯の模型や大きな歯ブラシを使って教えたり、
紙芝居を使って、歯周病になる工程を説明したりしました。
赤羽診療所では、毎月手話講習会を開いており、
聴覚障害者の方が来院された際に手話を使って応対しております。
手話講習で学んだ成果を今回の歯磨き教室で発揮することが出来ました。
これからたくさんの手話を学びしっかり応対が出来るように頑張ります。image1.JPG
image2.JPG


posted by 赤羽診療所 at 19:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

ガムで虫歯予防

こんにちは。
歯科衛生士の杉本です。
今日はキシリトールガムについてお話します。
みなさんも一度は歯科医院やスーパー、またはCMなどで見たことがあるのではないでしょうか。
けれど、意外と知られていないのがキシリトールガムの効果的な噛み方です。

キシリトールとは、虫歯の原因になる糖質を含まない糖アルコールと呼ばれる天然の代用甘味料の中の1つです。
また、虫歯の原因にならないだけでなく、虫歯の発生・進行を防ぐ力も持っています。
なので、毎日の生活にキシリトールガムをプラスすると虫歯の原因菌を減らすことが可能になります。
そんなキシリトールガムの力を上手に使うには4つのポイントがあります。

@歯磨きをする
Aフッ素入りの歯磨き粉を使用する
B正しい食生活
C定期的歯科検診

キシリトールガムの力を過信してうっかりガムしか噛まなかったり…
キシリトールガムは噛んでいるけど、ダラダラ自由に食事をとっていたり…
実は虫歯がありながらキシリトールガムを噛んでいたり…
上記のようなことがあるとキシリトールガムの力は半減してしまうので注意してくださいね。

〜最後に〜
キシリトールは小さいお子さんの乳歯の虫歯予防にも最適です。
まだガムが噛めない4歳未満のお子さんには、タブレットがおすすめです。
歯科医院と市販で販売されているキシリトールガムでは、キシリトールの含有率に違いがあり、歯科医院の物で100%、市販の物で60〜90%になります。
含有率よりも、うまくキシリトールガムを使えることの方が大事なので、どちらを選択しても問題はありません。
1日5〜7粒を目安に、味がしなくなってもできるだけ長く噛むようにして下さい。
ただし、過剰摂取はお腹を下す原因になるので気をつけてくださいね。
矯正治療中の方でも装置に付かないので噛んでいただけます。

どうでしたでしょうか。
身近なキシリトールガムの魅力えお知っていただけたでしょうか。
みなさんもぜひ、毎日の生活にキシリトールガムをプラスして健康な口腔内を私たちと一緒に目指していきましょう。
posted by 赤羽診療所 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

地元紹介

こんにちは受付の門脇です
今年の4月に入社しました
私の地元は秋田県の能代市と言うところです
能代市は「バスケの街」としてとても有名です
また、8月になると「天空の不夜城」という、高さ24mの大型城郭灯龍が
街を練り歩くお祭りもあります
自然豊かで温かい街、能代にぜひ遊びに来てみてください
続きを読む
posted by 赤羽診療所 at 18:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする